ペアガラス(複層ガラス)

複層ガラス(ペアガラス)とは…

“基本性能は「断熱」…プラス…目的、用途に合わせた付加機能”

ペアガラス

複層ガラス(ペアガラス)は、2枚のガラスとガラスの間にスペーサーと呼ばれる金属部材でを使い空気層を作っています。そのスペーサーの内部に乾燥剤が入っていてガラスとガラスの間の空気層には、内部で結露が起こらないように乾燥空気が入っています。

冬が寒く、夏が暑い…それに対応するかしないかで住まいの快適さが左右されます。住まいの中で、熱の出入りの大部分が窓です。窓が原因で、冷暖房効果が低下したり、結露が発生する要因になっています。

住まいの快適さを大きく左右する要因の一つ、熱。 冷暖房効果の低下や、結露の発生など、熱の移動によって、住まいの快適さを損なう様々な問題が起こります。 複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、それらの問題の多くを解決します。 さらに遮熱や紫外線カット、防犯、防火などの機能を備えた高性能複層ガラスを使うことで、それぞれの地域と住まいにあわせて心地よい経済的な暮らしを実現できます。

お住まいの地域、窓の場所、さらには家のデザインなど様々な観点から、暮らし方を意識して選ぶことが可能です。 たとえば・・・

冬より暖かい住まいにします

複層ガラスは室内の暖房熱を外に逃がさず、同時に外から冷気が伝わるのを防ぎ、暖房効果をぐんと高めます。更に高断熱タイプなら、昼間の太陽の暖かさを取り込みつつ室内の暖房熱を逃がさない機能で、より暖かく過ごせます。

不快な結露を軽減できます

寒い冬や梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、シックハウスの原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。冷たい外気の影響を受けにくい複層ガラスなら不快な結露を防ぐことができます。

夏の涼しさを保ちます

住まいの冷房効果を低下させる夏の強い日差しは、窓を通って進入してきます。外部からの日射熱を室内に入れにくい遮熱タイプの複層ガラスなら、大きな窓のある部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。

防犯・防火の性能を発揮します

2枚のガラスのうち、1枚を防犯ガラスやワイヤレス防火ガラスにする事で、防犯や防火の性能を持たせる事ができます。断熱性能が実現する快適さに加え、遮熱性能など求められる機能を様々に変えられます。

空気の層について

熱は、温度が高い方から低い方へと移る性質があります。簡単にこの熱の移動をすくなくすることを「断熱」といいます。

複層ガラス(ペアガラス)が「空気層で断熱」とよく言いますが、ダウンジャケットの羽毛を想像していただければわかると思います。羽毛の羽は空気をためるのでその空気が熱の移動抑えあったかくなっています。また、空気の量が多い方が熱を逃がしにくいので、複層ガラス(ペアガラス)も空気層が大きい方が断熱性能があります。

しかし、空気層が厚ければ厚いほどいいという問題ではありません。空気層が厚くなると対流が生じ断熱性能が変わらなくなるからです。また、遮熱の場合は空気層の厚さではあまり性能に差がありません。

さらに、複層ガラス(ペアガラス)の空気層に、断熱用のガスや防音用のガスを入れることで、断熱性能を上げたり、防音の効果もプラスアルファできたりと用途によって使用することもできます。

日本板硝子㈱の場合は、アタッチメント付のペアガラスが廃止となり、ガラス間が真空のクリアFitとすすめています。

ペアプラス構造旭硝子㈱ AGCガラスカンパニーのリフォーム用アタッチメント付複層ガラス(ペアガラス)

ペアプラスは、2枚のガラスの間の空気層にアルゴンガスを封印して、複層(ペア)ガラスよりさらに断熱・遮熱性能を上げたガラスです。断熱効果が上がることで結露の効果も期待でき、省エネ性能がUPします。アタッチメントとフレームが一体化しているので、現在1枚ガラス(単板ガラス)が入っているサッシにも使用することが可能です。リフォーム用の断熱ガラスです。

ペアプラスアタッチ

今ついてるサッシからガラスを外して、アタッチメント付の複層ガラス(ペアガラス)をはめ込むだけの簡単断熱リフォームです。

ペアプラス

セントラル硝子㈱のアタッチメント付ペアガラス

ホームペアレックスS「ホームペアレックS」は、セントラル硝子㈱のアタッチメント付の複層(ペア)ガラスになります。

ホームペアレックスSは、今現在ついているサッシからガラスだけを外して、アタッチメントとガラスごとはめ込むタイプのリフォーム用断熱ガラスです。引き違い窓は、もちろんFIX用のアタッチメントもございます。

 特徴

現在使用中のサッシにをそのまま使える

単板ガラス(一枚ガラス)が入っているサッシでも、専用のアタッチメントを使用して、厚いペアガラス(複層ガラス)に交換することができます。

断熱効果で快適空間

複層ガラス(ペアガラス)にすることで断熱性能アップ。断熱性能が上がると省エネルギーや防露にもつながり、快適な空間になります。

「窓ンナ」

セントラル硝子㈱には、アタッチメントを使用しない薄型の複層ガラス(ペアガラス)もあります。

窓ンナ

「窓ンナ」は通常空気層が薄くなると断熱性能が下がるのですが、特殊なガスを入れることで高い断熱性能を維持しています。構造を薄くすることでさらに使いやすいガラスになりました。エコガラスにすることで、夏涼しく、冬暖かい空間へと生まれ変わり、快適な室内環境になります。また、断熱性能をあげることで結露防止にも効果が期待できます。部屋が快適になり、省エネで家計にも地球にも優しいガラスです。

窓ンナ窓ンナはアタッチメントが必要ないので今あるサッシのガラスをそのまま交換できます。右写真のようにアタッチメントで見た目も変わることがありません。取替えも簡単です。

冬は暖かく結露も発生しにくい、夏は涼しい

冬場、暖房をしていても背中が窓際にあると冷え冷えとして寒いと感じたことがあるのではないでしょうか。ガラスは、熱を通すので外の寒さがガラスを冷やしその冷気がガラスやサッシからでてきます。そのせいで、背中や足元が冷えているのです。また、冷えたガラスが室内の暖めた空気に触れることで結露として現れます。薄型複層ガラス「窓ンナ」は、断熱性能を上げ、夏は涼しく、冬は暖かい、しかも結露が発生しにくくなる万能なガラスです。

夏場の暑い太陽熱をはね返し室温上昇から守ります

窓ンナは、ガラス内側にコーティングされたLOW-E膜(特殊金属膜)が太陽熱を外にはじいてくれます。そのため、室内温度が上がりにくくなるので、冷房の効きもアップします。省エネで快適になります。

窓ンナ夏

窓ンナは、暖かさを逃がさない、寒さを入れない

LOW-E膜(特殊金属膜)と中空層にある空気のダブルの断熱効果で暖房の効きをよくし、部屋の暖かさを維持します。

窓ンナ冬

冬に暖房をしているのにも関わらず、窓際にいると寒いと感じたことがあるかと思います。これは、冷輻射現象(コールドドラフト現象)と呼び、冬の室外の冷たい空気で窓ガラスが冷やされ、窓ガラス付近の空気も冷やされることで下降気流が発生します。(浴槽など水面は暖かく、下は冷たいのと同じで、冷たい空気が下に行こうとするため。)それに、より足元や背中が「寒い」と感じます。単純に、窓の断熱性能を上げることでコールドドラフト現象を抑えることができます。

結露を減らすことでお手入れ楽々

断熱性能が高ければ結露を抑えやすくなります。

冬場はとくに、朝起きた時に水滴がついていることや窓ガラスが曇っていることがあると思います。外の冷気でガラスが冷やされることで部屋の暖めた空気と触れ、空気中に含まれている水蒸気が結露としてガラスの表面に表れます。LOW-E膜と空気層ダブルの断熱効果で、外の冷たい空気からガラスへの影響を少なくし、結露を軽減します。

窓ンナで結露防止、不快な結露軽減

人体や、家具に影響を及ぼすダニやカビ。結露を減らすことでカビやダニを防ぎます。

窓ンナ結露

LOW-E(特殊金属膜)は有害紫外線をカットします

太陽の日差しは家具やカーテン、カーペット等の変色、褪色の原因です。また、人体にも悪い影響があります。そんな紫外線から守ります。

耐紫外線性能-窓ンナは、大切なお肌や家具を有害紫外線から守ります

紫外線をカットすることで、家具やカーテンの日焼けを抑えます。窓ンナ紫外線

夏の暑さや冬の寒さを軽減する「窓ンナ」は冷暖房効率UP

省エネ性能・環境性能-CO2削減エネルギー費削減に貢献
窓の性能は、健康で快適な住環境を創り出す大きなファクターになります。遮熱・断熱性能を有する複層エコガラスは、冷暖房効率をアップし省エネルギー性能に優れCO2の排出を抑制するガラスです。東京都の戸建住宅で年間1住戸あたり、冷暖房費削減量は51,572円、CO2排出削減量はブナの木25本を植林した効果が期待できます。

窓ンナの省エネ

お気軽にご相談ください

名取
私たち窓の匠はあなたの「窓のアドバイザー」になっていきたいんです。

窓の事で困っている、悩んでいる方には、窓の匠が持っている知識をどんどんご提供いたします。

「他社ではこう言っていたけど実際どう思う?」のような本音の意見など、窓に関する事であれば何でも真剣にお答えいたします。

お問い合わせ後のしつこい営業など一切しないお約束をいたします。

相談窓口だと思って、安心して気軽にご連絡くださいね。