MOKUサッシ

 

mokuサッシ

ベターリビングの優良住宅部品(BL-bs部品)「内窓」の認定製品です。

mokuサッシ1

 MOKUサッシの特徴

冬の寒さ、夏の暑さ、結露を防ぎ一年中快適に。

WDON_P_MKSP_2013_0004今あるサッシ(既存窓)とその内側に取付けるMOKUサッシとの間にできる新しい空気層で、冬場は室外の冷たい空気を室内への侵入を抑え、部屋の中の暖めた室内の空気を室外に出にくくします。この効果により、室外と室内とで遮断するため結露が起こりにくくなります。また、MOKUサッシの材料である「木」は湿度が高い時は吸収し、乾燥してくると湿気を出す効果があるため部屋の調湿になります。常に自然な状態にコントロールし衛生的な「木」を使用している内窓はMOKUサッシだけです。「木」は触った時も冷たくなく、自然のぬくもりを感じます。実際の「木」ですので、部屋のインテリアを「自然」をテーマにしている方にはぴったりの二重サッシです。

二重構造で生活音を外に出しにくく、騒音を中にいれにくく。

今ある窓(既存窓)とMOKUサッシ(二重サッシ、二重窓、内窓)の間にできた新しい空気層が断熱だけでなく、音の軽減にも役立ちます。屋外からの騒音や、人に聞かれたくない室内の生活音も漏れにくくなります。

断熱効果を上げて光熱費大幅ダウン

樹脂はアルミより熱を伝えにくいですが、さらに木は樹脂よりも熱を伝えにくい素材です。その「木」で二重サッシの断熱性をさらに高めています。

二重窓にすると防犯効果も

窓は空き巣や泥棒に最も狙われる侵入口となっています。やはり、最も簡単に時間をかけずに侵入できる点にあります。MOKUサッシを取付ければ視覚的にも防犯効果になり、空き巣や泥棒が敬遠しやすい開口になります。

天然木は暮らした年月とともに味わいのある深まりに

MOKUサッシ年季無垢の「木」は使用期間とともに色合いを深めます。無垢ナチュラル色は、赤みが少なく、明るく爽やかなイメージ。時間の経過とともにあめ色へと変化し、温かみや和みの印象を与えてくれます。この変化を「経年美化」と呼び、暮らしとともに深みが出て味わいのある色に変化するため、その変化も楽しむことができます。

無垢で手触りがやさしい

四季の移ろいや気候の変化によって異なる部分が層となり年輪になります。こうしてできた自然の木目を活かし、立体的に浮き立たせた「うづくり仕上げ」により手触りもやさしく、自然のぬくもりを感じます。

特殊塗装仕上げで汚れに強い

MOKUサッシは特殊な塗装が施されていて、無垢の質感を失うことなく汚れがつきにくくお手入れも簡単に水拭きするだけできれいになります。

mokuサッシカラー

MOKUサッシ施工

 窓の匠の一口メモ
MOKUサッシの一番の特徴は、なんと言っても無垢の木材を枠に使用しているといった点になります。樹脂製の内窓に比べると「本物」の木材ですので、部屋にぬくもりと高級感が生まれます。 インテリアに自然素材を求めている方にはおすすめできる商品になります。

お気軽にご相談ください

名取
私たち窓の匠はあなたの「窓のアドバイザー」になっていきたいんです。

窓の事で困っている、悩んでいる方には、窓の匠が持っている知識をどんどんご提供いたします。

「他社ではこう言っていたけど実際どう思う?」のような本音の意見など、窓に関する事であれば何でも真剣にお答えいたします。

お問い合わせ後のしつこい営業など一切しないお約束をいたします。

相談窓口だと思って、安心して気軽にご連絡くださいね。