薄型断熱ガラスクリアFit

clearfit_2

比べてください。この違い。クリアFitは納まり「すっきり」、視界「そのまま」。

クリアFitは高い採光性を確保しています。2枚のフロート板ガラスの間が0.2ミリと狭い隙間は真空になっています。一般的な複層ガラス(ペアガラス)の1.3倍、1枚ガラスの2倍以上の断熱性能があります。高い断熱性能は結露の発生も抑えます。トータルの厚みが6.2ミリと薄くできているので、ほとんどのサッシで取替え可能です。さらに、真空層が音の振動もおさえ防音にも効果があります。内窓用ガラスとして最適です。

fithikaku

真空層が0.2ミリと薄いためすっきりとした納まり

クリアFitの厚さ(3ミリのガラス2枚+0.2ミリの真空層)と薄いため、複層ガラス(ペアガラス)への交換時に必要なアタッチメントが必要ありません。そのため、見た目も変わらずすっきりとした収まりになります。

写真のように一方複層ガラス(ペアガラス)は…アタッチメントが必要なため、見た目の視界もややせまくなります。

一般的な複層ガラスの場合は6ミリの空気層を必要とするため厚さが12ミリになります。(3ミリのガラス2枚+空気層6ミリ)そのため一般の1枚ガラス(単板ガラス)から複層ガラス(ペアガラス)に交換する際は、アタッチメントが必要不可欠となります。※アタッチメントが網戸と干渉したり、既存のサッシとアタッチメントの色が若干違ったりする場合がございます。また、アタッチメントはアルミでできているため、アルミ部分が増える分断熱効果も若干おちます。
※参考比較

特徴

防露性能で清潔な空間に

真空層効果で結露の減少が期待できます。

断熱性能で暖かい空間に
冬の寒い日は太陽熱を室内に入れ暖め、暖房した暖かい熱を外ににがしにくくします。

●省エネ性能で地球にやさしい
空間に省エネ性能で家計にやさしくなります。

●リフォームは簡単お手軽
今お使いのサッシをそのまま使用できます。

遮音性能で静かな空間に
真空層が音を軽減し、静かな環境をつくります。

●内窓用ガラスとして最適
アルミサッシの内側にもう一つ窓を付ける内窓(二重窓、二重サッシ)用のガラスとしても最適です。断熱性能、防露性能だけでなく、遮音性能を発揮します。

Fithikaku2

実はクリアFitとは、スペーシアの低価格版なのです、スペーシアから「放射熱」を防止するためのLOW-E(特殊金属膜)をとったものがクリアFitとなります。スペーシアより性能が落ちてしまいますが、その分金額もリーズナブルになり窓の断熱リフォームがしやすくなっています。

窓の匠の一口メモ
クリアFitは、金額的にはスペーシアに比べリーズナブルですが、性能が複層ガラス(ペアガラス)とさほど変わらない点が悩む点です。しかし、アルミでできているアタッチメントを使用しなければならないペアガラスへの交換に比べるとおすすめできる商品です。

お気軽にご相談ください

名取
私たち窓の匠はあなたの「窓のアドバイザー」になっていきたいんです。

窓の事で困っている、悩んでいる方には、窓の匠が持っている知識をどんどんご提供いたします。

「他社ではこう言っていたけど実際どう思う?」のような本音の意見など、窓に関する事であれば何でも真剣にお答えいたします。

お問い合わせ後のしつこい営業など一切しないお約束をいたします。

相談窓口だと思って、安心して気軽にご連絡くださいね。